ロシアンブルーの男の子「PON」と家族の成長日記

Prev  «  [ 2019/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

PON母

Author:PON母
2017.3.10生まれ
ロシアンブルーの男の子
「PON」
まゆ毛…あるよね?

父・母・長男(大1)・次男(中2)・三男PONの
4人プラス1ニャン家族です

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
WISH
<
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村(ロシアンブルー)
人気ブログランキング
ブログ村(子育て)
ブログ村(主婦日記)

本当に偉い人は自分のことを偉いとは思わない

最近この本を読みました。



三浦綾子さんの「塩狩峠」です。
(私が中古で買った本とは表紙が違うのですが・・・)

自分ではきっと存在も気づかずに終わる本だったと思います。
でもある方に教えていただき「こういうご縁は今の私に必要なことが書いてあるのでは・・・。」と思い読んでみることにしました。

本当に今の自分に必要な本でした!!

ちょっとこの1週間を振り返ってみますと、ちょっとあっちでもこっちでも八方ふさがりなことにぶつかっていまして。
詳しくは書けませんが、入院中の父(趣味:酒 たばこ ギャンブル)のことと、もしかしたら発達障害の一種なのかな~といった案件。

次男の中学校のバスケの大会~長男の高校の大会と毎週家を空ける週末が続いていたので、
PONが起きている間はびっちりPONと遊んであげたくて(もともと起きてる間はパソコンNGですけど)、
自然と遊びながらもできる「考える」ということに時間をつかった1週間でした。

スキマ時間に読み切ったこちらの本の中で一番印象に残ったのが
「本当に偉い人は自分のことを偉いとは思わない」
という箇所。
(普通の人はもっと違うところが印象に残る本ですよ。私普通じゃないので(笑))

「自分の方が仕事できるなんて思いあがりだったな~」と謙虚になれたひと言です。
本の中の人であっても正しく生きる人に姿勢を正されます。

詳しくは書けないのでたわごとと思って聞き流してくださって結構なんですけど、
A群・・・一度で覚えられるから、ノートなんて必要ない人たち
B群・・・頭で覚えることはできないけれどノートは作れるので、それを見て仕事ができる人たち
C群・・・自分でノートを作ることはできないけれど、手順書通りになら仕事ができる人たち
この3群があったとしますね。
私はあんまり頭よくないので「B」です。
自分がBなら、Cの人にノートを作ってあげるのは、別にイライラすることでもなく当然のことなんだろうな、とやっと思えました。
Aにはなれなかったけど、Bにはなれたんだもん。
自分が努力してそうなったんじゃなくて、そういう風に持って生まれてきただけ。
ありがたいことなんだから、できる人ができることをすればいいんだよね。
ましてやパートなんて時給だもの。働いた時間が倍なら倍のお給料をもらって当然。
それを不満に思うことがおかしいんだよね。
Cの人たちだって当然生活していかなくちゃならないし。当然のことだよね。
自分がCだったら気づかないから自分のこどもがCだったとしたらきっと、
「うちの子は仕事できないわけじゃないんです。こうやってこういう風に教えてもらえたらできるんです。」って必死に思うんだろうな~、なんても思ったりして。
イライラというよりはモヤモヤがすごくて八方ふさがりだったところを救ってくれた本でした。


もう一個の案件も。介護担当の方が素晴らしい方で。
母も私も「もう手に負えない」とぶち切れそうだったところを若い彼女の姿勢にうたれました。
一生懸命動かない左手にせっけんつけて、手を洗う練習をさせてくれたり、
看護師さんと二人がかりで歩行訓練までしてくれたり、
気晴らしになるように病室ではなく車椅子でデイルームまで行ってお昼ごはんを食べさせてくれたり・・・。
ゴールデンウィーク中は彼女がお休みだったせいもあって、どうしようもないイライラが募っていた父。
そのイライラをぶつけられる母。
でもどうしようもない現実。
・・・とこっちも八方ふさがりだったわけですが、素晴らしい彼女のおかげで父も母も爆発寸前のところを救われました。
素晴らしい人の姿って、周りを巻き込んで素晴らしい風を届けてくれるよね。すごいな~。
本当は私がそういう人になれればいいんだけど。・・・、・・・、無理だな~。









さてさて。書きかけで5日間放置されていた今回の記事につけたしたので、最後になってしまった上になんの脈絡もないですが。
20日(日)の大会で、長男の高校、無事優勝することができました~
しかも「最優秀選手賞」のオマケ付き!!
やったね!!

長男はみんなと「たこパー」して帰ってきたので、夜10時過ぎ。

DSC08383_convert_20180522044837.jpg
なぜか階段で撮影してますけど?(笑)





DSC08385_convert_20180522045054.jpg
あらあらPONちゃん?(笑)








DSC08395_convert_20180522045139.jpg





DSC08392_convert_20180522045230.jpg

メダルは最優秀選手賞の人にだけだったんだって。
(他にも優秀選手賞の人が4人いましたが。)
長男は小学校のときも棚ぼた式でもらえたし、ハッピーな星のもとにうまれたな~。
本当は重圧も感じるべきなのかもしれないけれど、今は素直に喜んでおきましょうね。

6月に行われる1ステージ上の大会に行けることが決まったので、頑張ってほしいな~。
子どもたちは2泊3日の旅かな?
平日だから、次男は学校だし、PONもいるし、私は行けません。応援は父さんだけ。
決勝戦なんか「勝っても次は応援に行けない」かと思うと、声が出る出る。
高校行ってからは大声で応援したことはなかったんだけどな~。
私はここで完全燃焼させてもらいました。
子どもたちの次の目標は「ベスト8以上」だけど、先生は「全国行く」って言ってますからね。
頑張って「全国」決めてこい!!









                       にほんブログ村 主婦日記ブログへ
                       にほんブログ村






C

omment

Re: Anneママさま
お忙しい中いつもコメントありがとうございます。
長男のこともありがとうございます。
運も実力・・・そうですよね! なんにもなくてこういった運がめぐってくることはないですものね。
ありがとうございます。
彼女とは多分まだ続いていますね~。何も言いませんが( *´艸`)

塩狩峠は本当にいい本を紹介していただきました。一気に読めました。
本、ってAnneママさまのおっしゃる通り、読むたびに違うところにひっかかります。
まさに、ちゃんと読んでいたのか?ですよね。
私はてっきりAnneママさまがキリスト教なのかと思いました。違ったんですね。
私も宗教には無縁なものであまり変なことは言えないですけど、生きている人にとって安らぎになるならいいけど戦争の種になるのはちょっとね・・・って感じです。
今回は信仰の部分よりも人としての生き方に惹かれました。
私読書家じゃないので全然本知らないですよ~。
「赤毛のアン」は全巻2度読みしましたよ♪ 
結婚前は「風と共に去りぬ」を擦り切れるまで読みました。続編も。スカーレットの生きざまに教えられたことたくさんありますね。
Anneママさまもまたいい本紹介してください♪

PON母 URL | 2018/05/22 21:00 [ 編集 ]


おお!
お兄ちゃん、最優秀賞受賞、おめでとうございます。運がいいとおっしゃいますが、運も実力ですよ!普段から頑張っておられるからこそ、そういうものもついてくるんですよ。
誇らしい息子さんですね。素晴らしいです!
これでますます、モチベーションも上がりますよね。彼女ちゃん、まだ続いているのかな?うふふ。かっこいい彼に鼻高々ですねぇ。

塩狩峠、読まれましたか。
私は何度も何度も読んでいるのに、毎回新しいことを発見しちゃいます。
ちゃんと読んでいたのか?って感じですよね。
いつも新しいフレーズが目につくんですよね。
こんなこと、前には気づかなかったのにとか、前はなんとも思っていなかったのかなぁとか。
宗教にのめり込むって、言葉に書いたらちょっと怖い感じがしますが。
自分をあれほど戒めながらも、きっとたくさんのことに感謝して、幸福な穏やかな心で生活ができるんだろうなぁって、あの本を読んで初めて思いました。
宗教が悪いわけでも、なんでもないんですけどね。あまりに私には無縁で、知らない世界だったので衝撃でした。
自分を犠牲にして、あほちゃうか!っていう人もいるでしょう。どのように感じて、どのように物語に共感するのかは人それぞれ。
でも本当にあの本は、私を変えてくれる一冊になりました。
また、PON母さまのオススメもありましたら教えてくださいね!

Anne ママ URL | 2018/05/22 15:39 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://happyponchan.blog.fc2.com/tb.php/227-c9fe83a9


検索フォーム
最新コメント
リンク
MY WISH