ロシアンブルーの男の子「PON」と家族の成長日記

Prev  «  [ 2019/01 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

PON母

Author:PON母
2017.3.10生まれ
ロシアンブルーの男の子
「PON」
まゆ毛…あるよね?

父・母・長男(高3)・次男(中1)・三男PONの
4人プラス1ニャン家族です

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
WISH
<
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村(ロシアンブルー)
人気ブログランキング
ブログ村ランキング
ブログ村(子育て)
ブログ村(主婦日記)

かじリンボーと雪の中の猫

金曜日から仕事が始まり、次男の部活も復活すると、途端に更新が鈍くなってしまいますねぇ。(←言い訳)

ところで皆さん。年末の「笑ってはいけない」ご覧になりましたか?
アンミカさんの「リンボー」完成度高かったですね~。
(・・・って、いい大人が「笑ってはいけない」なんて観ませんかね。私も年越してから次男がビデオで観ていたのをチラッと見ただけですしね。でも最高でした。ヤンシ―&マリコンヌさんの「リンボー」ですよ(笑))

で、頭がリンボーに侵食されて「かじリンボー」。

うちのかじリンボーちゃん見てやってください。

DSC06804_convert_20190107045407.jpg
あら、なんてかわいらしい子なのかしら。 ナデナデ







していたら・・・。
DSC06807_convert_20190107045805.jpg
スンスン








DSC06810_convert_20190107045859.jpg
カプッ








DSC06815_convert_20190107050103.jpg
スンスン ペロッ








DSC06821_convert_20190107050005.jpg
カプッ








これですからね。



で、次男にも。
DSC06737_convert_20190107045626.jpg
ギギギギギーーーー

こんな感じです。
すぐかじるんですよ。
ま、PONの名誉のために言っておきますと、嫌がることをやり続けるからなんですけどね。嫌だという意思表示ですぐやめておけばこうはなりません。最初のは私がかじってる写真を撮りたくてわざとやってます☆









で、話は変わって。
雪の中の猫さん。

DSC06999_convert_20190107044935.jpg
夏と違って、見かけることの少なくなった外猫さん。
久しぶりに我が家の裏にやってきました。
でもこの猫さんは初顔だと思います。








1546804974dKXjdVTxMGoTYva1546804972.gif








DSC07043_convert_20190107045242.jpg
筋肉隆々で、被毛もしっかり。お外で生きているだけあります。
うちの側に来るくらいだから男の子だと思うんですよ。(←猫であっても女の子には縁がないと思う(笑))





この猫さんと、もう一匹。いるんですよ。
この間の夜、PONが2階の窓からずーっと何かを見ているな~、と思ったら、雪の中にたたずむ猫さん。
そして少し離れたところにもう一匹。
たくましく生きてるんですよねー。

夜中ってお天気が荒れがちじゃないですか。
この寒空に風もゴーッと吹き荒れて。
そんな中でどこかに風よけを見つけてうずくまっているのかと思うと、
苦しくなるんですよねー。

PONがうちに来る前は、こんな気持ちにもならなかったのですけれど。
自分ではどちらかといえば慈悲深い方だと思ってきたのに、全然でしたよ。
そして今もですけどね。

父さんが雪かきのときに見つけた様子では、どうやらうちの物置の下の隙間にもぐりこんでいるようです。
雪かきして近づくと威嚇してくるらしいです。
そしてその隠れ場所争いなのか、夜ケンカの声が聞こえるときもあります。

猫嫌いだった父さんも「猫小屋作ってやった方がいいか?」って言うようになりました。

でも、作るとなると2個ですか? 近くに2個あっても仲良く使えるのか?
・・・とかの迷いもあり。

さらには、稀だけれど、一晩で40~50センチの雪が積もることもあるのに、すっぽりその猫小屋が埋もれてしまったらどうするの? 生き埋めよ。 そこまでの責任はとれないわ。・・・とか。

おうちを提供することになり、さらにはごはんも提供することになったら、それはもうすでにうちの子になる、ってこと。
うちの中にいる子のことも目が行き届かないかと思って心配なのに、外猫さんがよそでどんな粗相をするかわからないし、病気やケガの責任なんかとれない。情が移った途端に突如姿を見せなくなったらどうするの?
等々。迷う今日この頃。
そして昨日は一度も見かけていない・・・。



この寒空の下。たくましく生きている猫さんに何ができるのか。してはいけないのか。








そしてPONは毎日。
DSC07047_convert_20190107050537.jpg
ストーブにしがみついています。







DSC06981_convert_20190107044653.jpg
とろけて








DSC06985_convert_20190107044845.jpg
とろけています。





どんな猫さんでもあったかいところが好きなはずだよね。

でもこんなにぬくぬく過ごしてきたPONは、いくらかじリンボーでも、内弁慶なだけ。
外猫さんが家の中に入ってきたら、絶対勝てないはず。
家に入れることは考えられない・・・と。冷徹な私です。








ポチしてくれたらうれしいです↓
にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



人気ブログランキング








C

omment

Re: doriさんへ
こんばんは。
再びのコメントありがとうございます<(_ _)>

お孫さん残念でしたね。絶対に一番で合格すると思っていたのですが・・・。
全国から、更には海外からも来てましたか!
しかもみんな塾に行ったり、家庭教師がついていたりしているんですね。
その中でお孫さん唯一の自分学習組じゃないですか!すごい!
きっと地頭も良いのでしょうし、初めて会う人たちみんなに積極的に話しかけたり、人柄も素晴らしいですね。
こういう子が社会にでて活躍する子なのでしょうね。自慢のお孫さんですわ。

この経験するものすべてを宝物に出来る時期に、とてもいい経験ができましたね。
普通に暮らしていただけでは出会えなかった人たちに会えたことも、
努力して結果がでた一次試験も、合格できなかった二次試験もまた。
ご本人がそれを自覚されているのがまたすごいな~、と思います。

外猫さんへのご助言ありがとうございました。
私も自分にできることを考えていこうと思います。

PON母 URL | 2019/01/08 21:15 [ 編集 ]


追伸。
今日、孫の受験した学校の合格発表があったのですが、
やっぱりダメでした。
海外から3人、東京や埼玉、大阪から受けに来てたようです。
二次試験の合宿先で塾の話になり、みんなどこに行ってるとか
家庭教師の先生の話をし始め、どこの塾か聞かれた孫は
どこにも行ってないと言うとビックリされたそうで
自分だけではないはず!と思いみんなに聞いて回ったそうです。
結果みんな塾に行ったり家庭教師の先生がついてたりしたので
ヤバイ!と言ってましたが、その通りになってしまいました(^-^;
でもこの受験で良い経験が出来たのではと思っています♪

外で暮らすしかない猫や犬に目を向ける=「命」
を意識するだけでもありがたいと思っています。
私も細々とですが、自分に出来る保護活動を頑張りたいと思います。

dori URL | 2019/01/08 16:10 [ 編集 ]

Re: doriさんへ
おはようございます。
本日もコメントありがとうございます<(_ _)>

お考え聞かせてくださってありがとうございます。
とってもうれしいです。
保護猫団体さんは私の住んでいるところにはなさそうです。
殺処分ゼロのために保健所と手を合わせて活動しているところはありますが、外猫さんへの・・・というのはなさそうです。
去勢手術は仲良くなれて、捕獲可能になったらよさそうですね。
喧嘩しなくなったら共存できますものね。
まぁ、経費の問題はありますが。
気候がよくなって、手術後も体力的に大丈夫そうになったらそれも考慮に入れたいと思います。

二日連続姿をみせていた猫さん。
ここ二日すっかりみかけなくなりました。
居心地のよいところを見つけるために一箇所にはとどまらないのかもしれません。
そうは言いつつまた来るかもしれないので、様子は気にしていこうと思います。

PON母 URL | 2019/01/08 06:47 [ 編集 ]


PON母さん、こんにちは。
外猫さんのことですが、過酷な生活を強いられてますね。
出来ればですが、男の子なら去勢手術をすると
無駄なケンカをしなくなるので怪我や病気を防ぐことが出来ます。
それに女の子なら避妊手術をしてあげて欲しいと思います。
保護活動をされてるボランティアの方はいらっしゃいませんか?
丸投げするのではなく、一緒にしていただけるようお願いしてみては?
と思うのですが・・・
私も野良猫さんに餌付けをして去勢手術をしたことがありますが
本当にケンカをしなくなりました。
外猫さんの寿命は5年から6年と言われています。
少しでも穏やかに暮らせると良いのですが・・・
勝手なことを書いてごめんなさいね。
人それぞれいろんな考え方があり、
イヤな思いをさせてしまったのならごめんなさい。
写真の茶色の猫さんはお顔を見ると男の子ですね(^-^; タブン・・・

dori URL | 2019/01/07 16:52 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://happyponchan.blog.fc2.com/tb.php/314-8748a725


検索フォーム
最新コメント
リンク
MY WISH